茶色に合う色って!?相性抜群の5つのカラーコーデを集めてみた♪

コーデを作るときに気になるのが色の組み合わせ。アイテムのシルエットやデザインにもよりますが、色使いがコーデの印象を作っているのは間違いないです!今回は茶色に合う色とそのコーデをご紹介します。合う色を知ることで着こなしの幅が広がりますよ♪

ブラック【茶色に合う色】

どんな色とも合うブラックは、もちろん茶色とも相性抜群です!クールなブラックと落ち着いたカラーである茶色のコーデはシックな印象になりますよ。同じ茶系でもベージュや、キャメルなど色のトーンによってもイメージは変わります。

ベージュのパンツに黒のニットを合わせたコーデです。明るい茶系×黒はカジュアルになりますね。ベージュは肌なじみの良い色なので、黒と合わせても重くなりません♪赤のパンプスがアクセントになった、落ち着いたコーデです。

トレンドのスカーチョを取り入れています。キャメルと黒なら秋冬らしい深みのあるスタイルになりますね。白のスニーカーで軽やかにまとめています。地味なイメージになってしまがちな組み合わせなので、明るい色のアイテムをプラスするとよさそうです◎

 

ネイビー【茶色に合う色】

ちょっと珍しいですが、ネイビーも茶色と合うんです!上品なカラーであるネイビーと茶色の組み合わせは、黒よりも柔らかく女性らしいコーデになります。ネイビーが引き締めつつ、コーデに程よい抜け感を与えてくれるので、こなれたスタイルが作れちゃいます♪

ネイビーのパンツに茶色のニットの女性出典: WEAR

キャメルのニットにネイビーのボトムスを合わせています。黒だとクールになってしまうそうですが、ネイビーにすることでガーリーな印象になりますね。黒タイツとショートブーツですっきりとまとめています♡

ネイビーのパンツに、ベルトとバッグを茶系にしています。トップス×パンツの組み合わせだけでなく、小物使いでのカラーリングもおしゃれですね♪きちんと感のある大人スタイルです。

この記事もチェック

 

白【茶色に合う色】

万能色である白と茶系の組み合わせは、色のトーンにこだわってワンランク上のおしゃれを目指しましょう。微妙な色の違いで印象が変わりますよ。ベージュ系ならアイボリーを合わせることでふんわりとした優しいコーデになりますし、キャメルなら真っ白のアイテムを合わせてコントラストを強調するのが◎

ベージュのスカートにアイボリーのニットを合わせた優しい印象のコーデです。淡い色同士を合わせることで、ふんわりとしたスタイルになりますね。同じく茶系のパンプスならコーデに馴染んでくれます。

真っ白のトップスがキャメルのパンツを引き立ててくれています♡ハットを合わせた、夏らしいスタイルですね。ブラウンのパンプス&バッグにすることで統一感のあるスタイルに仕上げています。

 

カーキ【茶色に合う色】

茶色×カーキはアースカラー同士で相性抜群です!落ち着いた印象なので、秋冬らしい季節感のあるコーデができますよ。この組み合わせのコーデでは、この2色以外のアイテムをモノトーンや馴染みカラーにして、余計な色は使わないのがおすすめです。カーキには沢山の色味がありますが、今回は一般的な緑系のアイテムのコーデをご紹介します。

ベージュのトップスにカーキのパンツを合わせた優しい印象のコーデですね。シルバーのスリッポンなら馴染みがいいので、コーデの邪魔をすることはありません。麦わら帽子を取り入れた、夏の終わりにぴったりな秋の先取りスタイルです♪

ブラウンのニットワンピにカーキのコートを合わせています。カジュアルなスタイルですが、他のアイテムを黒でまとめることでスタイリッシュにキマりますね♡濃いめのブラウンアイテムは一気に秋冬感を出してくれます。

 

同系色【茶色に合う色】

難しい印象の同系色コーデですが、アイテムのカラートーンを変えたり、差し色を取り入れることで簡単にできますよ。茶色と一言で言っても沢山のカラーがあるので、コーデの幅も広がりそうですね。

全身茶系でまとめています。単色コーデはぼんやりとした印象になりがちですが、すべてのアイテムの色味を少しずつ変えることで動きが出ますね。シンプルですがシルエットがきれいで、おしゃれ上級者のスタイルです◎

ベージュのパンツにブラウンのカーディガンを合わせています。デニムジャケットをインナーにすることでアクセントになりますね。ゆったりシルエットのカーディガンはトレンド感もあって◎

この記事もチェック

 

あなたの定番カラーに茶色はいかが?♡

白のトップスとデニムGジャンと茶色のプリーツスカートを着た女性出典: WEAR

いかがでしたか?茶色に合う代表的なカラーを黒、ネイビー、白、カーキ、同系色と5色のコーデをご紹介しました。茶色と言っても様々なカラーがありますし、アイテムによっても印象は変わるので色々試すのも楽しそうです。ぜひ参考にして、普段はしない組み合わせにも挑戦してみて下さいね!