グレーのトップスにブルーのタイトスカートを履いた女性

おしゃれ見えな”服の色の組み合わせ”分かってる? 夏の配色テクとは

ファッションコーデを選ぶとき、何を考えますか?シルエットやテイストも大事だけど、必ずキーになるのは色ですよね!特に身につけるアイテム数の少ない夏は、服の色の組み合わせがすべてと言っても過言ではありません。おしゃれに見える配色を身につけなきゃ♡

 

夏服を選ぶときの色の組み合わせ、コツはある?

グリーントップスにパープルパンツでカラーコーデ出典: ZOZOTOWN

服を買いに行くとき。同じ黄色のアイテムだとしても、明るめだったりくすんでいたり、色味の種類は様々で、選ぶのも迷ってしまいますよね。それに色同士の服を合わせると、あれ?なんか違う?と悩むこともあると思います。そんなとき、色の法則を抑えておけば失敗が少なくなって、上手く色を使いこなせればグンとおしゃれ上級者に見えますよ♡ポイントとともに夏にピッタリのカラー合わせでコーデをご紹介しちゃいます♡

 

まずは夏を連想する色を投入するだけでOK!

夏といえばどんな色を連想しますか?清涼感のあるブルーや、太陽に似合うビタミンカラー、原色や暗めの色と言うよりは淡い色をチョイスすれば間違いありません!特に夏は、肌の露出で色を見せる分量を調節できるので、カラーコーデもトライしやすいんですよ♡

オフショルブルートップスにイエロースカートで爽やかコーデ出典: ZOZOTOWN

やっぱり夏に外せないのがブルー×イエローの組み合わせ。淡めカラーのイエローにはガーリーになりすぎないよう濃いめのブルーで大人見せします。オフショルトップスでトレンド感もゲットして◎

グリーンシャツにオレンジパンツで80年代風コーデ出典: WEAR

一見ケンカしそうなグリーン×オレンジですが、主張しすぎない色味なら違和感なく使えます♪実はオレンジって60〜80年代のファッションには欠かせない色で、色同士で合わせるとどこかレトロなイメージを作れるんです♡

ベージュとブルーの淡めカラーで大人カラーコーデ出典: ZOZOTOWN

ブルー×ベージュは夏らしい清涼感のある淡めのトーンで合わせればより爽やかな印象に◎大人見えするシルエットで取り入れて、こなれ感をグッと出せるコーデです。

オレンジトップス水色ショーパンのくすみカラーコーデ出典: ZOZOTOWN

反対色のオレンジ×ブルーはくすみカラーで合わせます。布量が多いとケンカしそうなら、ボトムスをショート丈にしたり、トップスをノースリに変えたりと色の分量を調節するのがポイントです!

ネイビートップスコーラルオレンジスカートのカラーコーデ出典: ZOZOTOWN

万能カラーのネイビーはコーラルオレンジとも相性バツグン◎引き締めカラーにもなってくれ、高級感も出してくれるので、ネイビーは迷ったときの味方なんです♪

この記事もチェック

 

同系色の色くくりでカラーコーデを楽しむ♡

カラーコーデの法則のひとつに、同じ色の濃淡でまとめるグラデーションテクニックがあります。簡単におしゃれ感を出せて、比較的トライしやすいのでカラーコーデ初心者さんにおすすめ♪

ピンクグラデコーデゆったりシルエット出典: ZOZOTOWN

ピンクのグラデーションは濃いめのピンクと合わせることで、コーデにメリハリが付きます!あえてボーイッシュなゆるめのシルエットでピンクを取り入れることで、甘すぎないイメージに更新◎

オレンジコーデチェックパンツと黒小物でこなれ出典: ZOZOTOWN

オレンジのグラデはチェックパンツでこなれ感もアップ。黒のキャスケットや厚底ブーツで重厚感を出すと、子供っぽくならずに着こなせますよ♪

赤トップスとピンクスカートのグラデカラーコーデ出典: WEAR

落ち着いたレッドカラーは、コーラルピンクと合わせて女性らしい印象を与えてくれます。動きのあるフレアスカートで、夏らしい清涼感をプラスするのがポイントです。

グリーンキャミにカーキスカートでグラデ出典: WEAR

パキっとカラーのグリーンキャミソールは、ボトムスによって雰囲気がとっても変わりそう。同系色のカーキでグラデを作れば、コントラストがハッキリしすぎず、強いインパクトを和らげることができますよ♪

ベージュのワンカラーコーデロングカーデにショーパン出典: WEAR

グラデコーデでチャレンジしやすく、夏らしさも出すならベージュがおすすめ。布分量が多くてもやりすぎた印象にならないので、ロングカーデや重ね着でも楽しめますよ♡

この記事もチェック

 

派手カラーはあえて反対色で上級見えを狙う

派手なカラーはそれだけでインパクとがあるのでつい無難なアイテムと合わせがちですが、夏だからこそ無彩色(白・黒・グレー)で合わせるのではなく、プレイフルなカラーコーデを楽しんじゃいましょう♪

オレンジトップスに水色キャミワンピで派手カラーコーデ出典: WEAR

原色に近いオレンジとブルーの組み合わせはレトロっぽさもありながら、シルエットは今年らしく保つのが肝。無地でシンプルなキャミワンピも色合わせでここまで遊べるんです!

水色トップスにピンクのスカートカラーコーデ出典: ZOZOTOWN

目を引く派手カラーのブルートップスは、ボトムスインで見せる量を調節して♪甘くなりそうなピンクのフレアスカートも、個性的な色合わせで大人風に見せてくれます。

イエロートップスにブルーショーパン黒のビスチェでバランスよく出典: ZOZOTOWN

派手カラーのコーデ、レイヤードも楽しみたいですよね!3色以上使うなら無彩色を上手く使えばコーデにまとまりも生まれ、やりすぎ感もなくなりますよ♪個性的デザインのビスチェで一気にあか抜け見えをゲット◎

紫トップスにオレンジビスチェ黒ボトムスで引き締め出典: WEAR

トップスを派手カラーでレイヤード。一見難しそうなカラー合わせはコンパクトにまとめて黒のワイドパンツが、コーデを整えてくれます♪足元のグリーンサンダルとのバランスが絶妙な上級者コーデです。

 

夏に着るアースカラーで新鮮コーデにトライ♡

秋に着るイメージのアースカラーをあえて夏コーデに取り入れるのがおしゃれ!シーズンレスな近頃だからこそ、素材感や色使いのテクを光らせて新鮮なスタイリングをアピールしてみて♡

黄色ニットキャミと茶色パンツでシーズンレス出典: WEAR

深みのあるブラウンのワイドパンツはイエローのキャミソールで秋カラーの色使い。肌見せで夏をアピールするのがポイントで、キャミソールの露出もアースカラーならヘルシーに見せてくれます♪

赤オフショルブラウンパンツで夏アースカラー出典: WEAR

トレンドカラーの赤のオフショルトップスは、カーキで着こなします!2017年の秋はボルドーではなく明るめレッドに注目なので、このコーデパターンは覚えておいて間違いありません。

茶色アロハシャツと夏小物で夏に着る秋カラー出典: WEAR

ブラウンカラーのアロハシャツが、まさにシーズンレスなアイテム。カンカン帽とペーパー素材のバッグは夏らしく、色の統一感もあるのでコーデを一気にこなれて見せてくれます♪

この記事もチェック

 

夏らしさを出すマリンコーデの色使いをチェック

取り入れたいのはトリコロールを意識した白・赤・青(ネイビー)。コントラストもはっきりしているのに、夏らしい爽やかさもあり、派手な印象にならない色合わせなんです♡

赤ボーダーにデニムとベレーでマリンコーデ出典: WEAR

マリンコーデを盛り上げてくれるボーダーアイテムとサマーベレーで赤を投入。夏らしいかごバッグもマストバイアイテムです♪

ネイビートップス赤スカート白小物で作るマリンコーデ出典: ZOZOTOWN

インパクト大な赤のフレアスカートもネイビー×ホワイトで一気にまとまりのあるスタイリングに◎カラーの配分が変わっても女性らしいイメージは変わらず、鉄板に使える組み合わせですね♪

 

夏服は色の組み合わせを楽しむこと♡

グレーのトップスにブルーのタイトスカートを履いた女性出典: ZOZOTOWN

夏だからこそ着たくなるカラーアイテム。色の明るさや濃淡などいろいろなポイントもご紹介しましたが、”あえて”を楽しむなど、組み合わせのパターンは無限大!特に夏は丈感を調整して見せる分量をアレンジできるので、派手なカラーコーデにもチャレンジしやすいですよ。自分らしさも取り入れながら個性をアピールできるので、いろんなコーデにトライして楽しんでみてください♡