旅行時の荷物が減る!化粧水類をストロー容器で持ち運ぶアイデアが画期的

SNSでも話題のストローで作る液体容器って知っていますか?旅行時など荷物を極限にまで減らしたい人におすすめのパッキング方法で、お家にあるもので作れちゃうんです!誰でもできるその作り方と、ちょっとしたコツをご紹介しちゃいます♡

旅行時のスキンケア用品どうしてる?

旅行に行く時のスキンケア用品ってどうしてますか?ボトルをそのまま持って行くのはかさばるし、わざわざ詰め替えボトルを買うのも…と悩むところですよね。そこで今回おすすめするのがストローを使ったオリジナル容器なんです♡小分けにできてかさばらず、使い捨てで荷物にもならない!といいことだらけ。

 

早速、作り方をチェックしてみましょう!

 

ストロー容器を作る道具はこれだけ!

・ヘアアイロン
・ストロー
・化粧水など
・はさみ
・キッチンペーパー

 

簡単!ストロー容器の作り方♡

では早速、作り方を紹介していきますよ〜♪手順はとっても少ないので、誰でも実践できますよ。ポイントがいくつかあるので解説していきます♡

 

1.ストローの片端を閉じる

まずはストローの片端を閉じていきます。(曲がらない長い方)直接ストローをアイロンで挟むと溶けてしまうので、キッチンペーパーで挟んでくださいね♪

アイロンによって微差はあると思いますが、低温すぎても溶けないし、高温すぎると溶けて原型がなくなるので注意。170度・10秒ぐらいがよさそうでした。くっつけるのに失敗すると硬くなってしまい、やり直しても溶けにくくなります。そのときははさみで切り落としてから再度トライしてみて!

 

2.化粧水類を流し込む

持っていきたい化粧水類を、1回で使用する分だけ流し入れます。画像のようにノズル付きは詰め替えが楽チン♪

 

3.好きな長さにカット!

入れ終わったらストローをカットします。液体の2cm〜3cm上ぐらいがベスト。

化粧水を使うときははさみでカットするので、ある程度余裕を持たせておくと溢れ出ずに済みますよ。

 

4.ストローのもう一方も閉じる!

ここからが少し難しい…。ストローのもう一方も同じように、アイロンを当て閉じていきます。コツとしては、ただ当てるだけでなく、アイロンを持っている方の手を左右や前後にひねって満遍なく熱を加えること!

オイル系はズムーズに作れたのですが、水分量が多い化粧水などは難航…。あらかじめ閉じる部分の内側や外側の水気を拭き取っておくと、うまくいきますよ。

 

5.完成!

完成〜!コロコロしていてなんだかかわいい♡密閉性があるので、衛生面も安心ですね。使う時ははさみで切って使えばいいだけだし、何より使ったら捨てられるので、帰りの荷物がもっと減るのが嬉しい〜!

 

工夫してみよう♡

化粧水やクレンジング、乳液など…持って行く液体類はいくつもありますよね。今回のようなカラフルなストローを使って色で中身で分けると、わかりやすいですよ♡さらに、セロテープを使って名前をかくと中身がもっとわかりやすくなります。かわいく仕上げるならマステを使うのもおすすめ!

中身を書くだけでなく、ストックして作り置きしておく場合なら日付を書いておいけば、古いものが残ることもなく安心です♪またピンクのストローのように、漏れるのが心配な人は端をテープで止めるのがおすすめ◎

 

旅行時のお供はこれで決定♡

ストローパッキングをしておけば、荷物多いし持っていくのは諦めよう…なんてこともなくなりますよ♪時間があるときにたくさん作っておいて、お泊まりや旅行の時などに必要な量だけ持っていけるのが便利です。せっかくの旅行、荷物をできるだけ減らして快適に過ごしてくださいね♡