ライダースジャケット×スカートコーデを極める!秋冬はどう着回す?

ライダースジャケットは、秋冬に欠かせないライトアウターの代表格。スカートコーデに羽織るだけで簡単にカジュアルダウンできるから、大人女子にはたまらないアイテムですよね。もちろん2017AW大注目のレディなスカートとも、相性バッチリなんです♡

ライダースジャケットで秋冬のスカートコーデを楽しみませんか?

白のざっくりニットにタイトスカートを合わせてライダースを合わせた女性

出典: WEAR

ボーイズライクなライダースは、パンツスタイルもいいけどレディな着こなしにこそぜひ取り入れたいアイテム。羽織るだけで雰囲気のあるMIXコーデが簡単に叶っちゃうんです。秋冬のスカートコーデの幅を広げたいなら、要チェックですよ♪

 

シングルとダブルどっちを選ぶ?

そもそもライダースジャケットとは、バイクに乗る人(ライダー)を風や転倒から守るためのジャケット。だから風を通さず頑丈なレザータイプが一般的なんです。他にも襟もとや袖口に防風のための工夫が凝らされているから、秋冬のおしゃれにはまさにもってこい♡そんなライダース、大きく二種類に分けられるんです。

 

シンプルなシングルライダース

シングルライダースを着た女性

出典: ZOZOTOWN

MA-1のようなデザインのシングルライダースは、洗練されたシンプルさが特徴。デザインによっては、襟を折り返すものやノーカラーのものも。合わせる服を選ばないから、いつものスカートコーデにさっと羽織ってもサマになっちゃいます♡

 

ハードめなダブルライダース

ダブルライダースジャケットを着た女性

出典: ZOZOTOWN

Pコートのように襟が重なるデザインのダブルライダースは、その大きな襟が特徴。エポレットやスタッズなどハードな装飾がほどこされているものも多く、フェミニンなアイテムに合わせれば甘辛MIXコーデに仕上がります♪

 

定番黒ライダースもマンネリ知らずのスカートコーデ

ライダースといったら、やっぱり黒♡2017年はビッグシルエットもトレンドですが、スカートに合わせて着回すことを考えたら定番のコンパクトなサイズがおすすめ。スカートのシルエットをキレイに生かすことができますよ!

 

洗練されたIラインシルエット

白のケーブルニットにチェックのタイトスカートを合わせて、黒ライダースを肩掛けした女性

出典: WEAR

学生っぽくなりがちなタータンチェックも、Iラインを強調するペンシルスカートならグッとスタイリッシュな雰囲気になりますね。ケーブルニットに黒のライダースを肩掛けして、大人のトラッドスタイルに♪

 

白のトップスにベージュのレーススカートを合わせてライダースを羽織った女性出典: WEAR

スウェードレースのタイトスカートは、秋冬にピッタリの上品なアイテム。あえて黒ライダースを合わせることで、キレイめカジュアルコーデに仕上げることができますよ。

 

リブニットのタイトスカートにライダースを羽織ってストールを巻いた女性

出典: WEAR

しなやかな落ち感のリブニットスカートは、ハードな印象のあるライダースと好相性。ボリューミーなストールをぐるぐると襟もとに巻けば、目線UPが叶ううえに防寒もできて一石二鳥です♡

 

レディなAラインシルエット

白のトップスにベロアスカートを合わせてライダースを羽織った女性

出典: WEAR

つややかなベロアのスカートを黒のライダースに合わせて、素材感を楽しむレディカジュアルコーデに。動きのあるイレギュラーヘムが、とっても華やかです♡

 

赤いサーキュラースカートに黒のライダースを合わせた女性

出典: WEAR

2017AW注目カラーのひとつでもあるパッキリと強い赤は、まず顔周りから離れたボトムスで取り入れてみて!スカート以外を黒でまとめても、ライダースの素材感やアクセサリーの繊細な輝きがコーデに変化を付けてくれますね。

花柄スカートに黒のライダースを合わせた女性

出典: WEAR

こっくりとしたカラーが秋冬らしいゴージャスな花柄スカートには、シンプルなノーカラーのライダースをチョイス。ノーブルな雰囲気をキープすることができますよ!

 

ワンピースで甘辛MIX♡

グリーンのワンピースに黒のライダースを肩掛けした女性

出典: WEAR

レトロな花柄ワンピースにさらりとライダースを肩掛けする…そんなフランス映画のヒロインみたいな着こなしにチャレンジしてみませんか?おしゃれに見えて実は楽チンなコーデだから、やみつきになること間違いなしです♡

 

チェックのジャンパースカートに黒のライダースを合わせた女性

出典: WEAR

ウエストのリボンがスウィートなグレンチェックのジャンパースカートに、黒ライダースで辛さをプラス。寒さが深まったら、インナーをタートルニットなどにして雰囲気を変えるのも楽しそうですね♡

 

グレーのニットワンピに黒ライダースを肩掛けした女性

出典: ZOZOTOWN

グレーのニットワンピと黒ライダースの相性の良さは折り紙つき!落ち着いた色合わせだから、ふわふわのファーバッグなど小物づかいで遊ぶこともできますよ。

この記事もチェック

 

女性らしさを演出するなら茶系がおすすめ!

黒ライダースはちょっとゴツすぎる…そんなあなたにおすすめなのが、ブラウンやベージュといったカフェラテのような色味の茶系ライダース。やわらかな色合いが、ライダース×スカートのコーデをフェミニンに仕上げてくれます♡

 

ブラウンライダース

チェックのタイトスカートコーデにブラウンのノーカラーライダースを肩掛けした女性

出典: WEAR

ライダース×チェックスカートも、ブラウンカラーならグンとやわらかな印象に。メタルハンドルのバッグやキレイめのショートブーツなど上品なアイテムをそろえて、しっとりと着こなしましょう。

 

カーキのチュールスカートにブラウンのライダースを羽織った女性

出典: WEAR

甘さのあるチュールスカートは、落ち着いたカラーを選ぶのがキモ。アイボリーのニットと茶系カーキのチュールスカートにブラウンのライダースを羽織ったら、秋冬らしい色合いのグラデーションが出来上がります♪

 

白のニットワンピにブラウンのライダースを羽織った女性

出典: WEAR

ゆるっとしたシルエットのニットワンピースに、ブラウンのライダースをオン。黒のライダースでは味わえない、とってもガーリーな着こなしに仕上げることができますよ!

 

ベージュライダース

黒のトップスにボルドーのスカートを合わせてベージュのライダースを羽織った女性

出典: WEAR

黒×ボルドーのシックな組み合わせには、ベージュのライダースで軽やかさをプラスしましょう!同時に顔周りを明るくする効果も期待できますよ♪

 

花柄のワンピースにベージュのライダースを合わせた女性

出典: WEAR

ヴィンテージライクな花柄のキャミワンピとハイネックのレイヤードコーデに、ベージュのライダースを重ねて。ライダースとバッグやブーツといった小物のトーンがそろっているから、きちんと感が一段と増しますね。

この記事もチェック

 

アウターレイヤードで着回しの幅アップ♡

羽織り×ライダースのレイヤードも、秋冬ならではのおしゃれの醍醐味。ポカポカ暖かい上にこなれ感もプラスできるから、試してみない手はありませんよ!

花柄スカートにグレーパーカーと黒のライダースを合わせた女性

出典: WEAR

グレーパーカー×黒ライダースは今やテッパンの組み合わせ♡大ぶりの花柄がドレッシーなロングスカートも、カジュアルダウンがラクラクできちゃいます。

 

黒のタイトスカートに、白のパーカーと黒のライダースを合わせた女性

出典: WEAR

ダークカラーのスカートを黒ライダースに合わせるなら、ホワイトのパーカーをインに仕込むとコーデにメリハリが出ますね。暗い色を選びがちな秋冬だからこそ、クリーンな白が新鮮です。

 

花柄ワンピースにライダースとざっくりニットカーデを羽織った女性

出典: WEAR

花柄ワンピ×スキニーデニムのレイヤードコーデに、黒ライダースとニットカーデを羽織って。レザーの質感と手編みニットのもこもこした質感のギャップが、こなれた雰囲気を醸し出してくれますね♡

 

異素材ライダースが新鮮です♪

ライダースの中には、スエードやムートンなどを使ったものも。ウォーミーな素材感が秋冬の着こなしにピッタリだから、こちらもぜひマークしてみて!

白のトップスにドットのスカートを合わせて、フェイクスウェードのライダースを肩掛けした女性

出典: ZOZOTOWN

フェイクスエードライダースは、ブラウンカラーを選ぶとマットな風合いがいっそう引き立ちます。レースブラウス×ドットスカートのレトロクラシカルなコーデに合わせても、その雰囲気を損なうことはありませんね。

 

モノトーンコーデにフェイクムートンのライダースを羽織った女性

出典: WEAR

ボリュームのあるフェイクムートンのライダースは、タイトなボトムスでスッキリと着こなして。インパクトのあるアイテムだから、シンプルなコーデも途端に華やかになること請け合いです♡

 

秋冬スカートコーデは、ライダースジャケットがマスト!

タイトスカートに黒ライダースジャケットを羽織った女性出典: ZOZOTOWN

ライダースジャケットは、秋冬のスカートコーデに欠かせない優秀アウターでしたね。あなたもフェミニンな着こなしにライダースを投入して、こなれたレディカジュアルをモノにしちゃいましょう!