冬の重いコートが苦手…薄着でもあったかコーデがしたいならこう乗り切ろう!

寒い冬はコートが欠かせない。でも重いコートと冷えによって冬の悩みのひとつに肩こりが…なんてことありますよね。特にかさばりやすい厚手コートは手に持つのも邪魔になったりしますが、それも今日で卒業。薄着でも暖かく過ごすテク、教えちゃいます。

重いコートで悩む冬、卒業しない?

ウール素材がびっしりと繊維に編み込まれたコートは、どうしても重たくなりがち。特にダッフルコートやロング丈のコート、言わずもがな厚みのあるコートも、どうしても重量感が出てしまうものです。でも仕方ないと割り切って、無理をしていませんか?

ボルドーのロングコートを着た女性出典: ZOZOTOWN

防寒の術はコートだけではありません。体温を逃しにくくするテクニック、そして重ね着術を知って、重いコートで無理をしていた真冬のコーデをもっと快適にしましょう!今回は軽アウターで冬を乗り切るポイントとアウター選びを紹介します。

 

小物で寒さ対策すべし

まずは人の体の冷え方をおさらい。手足の末端の冷えは全身の冷えにつながるので要注意で、手袋などで対策が必要です!また帽子は被るだけで冷たい風が頭部に当たるのを防いでくれるので、あるとよりGOOD◎

 

手袋

黒のスエードグローブの画像出典: ZOZOTOWN

キレイめコーデが基本で、毛糸の手袋などのモコモコしたアイテムはちょっと…なんて人にはレザーで作られたできちんとした印象のものを選びましょう。タイトなシルエットが女性らしさを演出いてくれるという嬉しいポイントも♡

 

キャメルのムートングローブの画像出典: ZOZOTOWN

暖かさ重視ならやはりムートンがおすすめです!指先まですっぽり収まるものもあれば、こちらのように指先が出る機能性重視なアイテムも。どうしてもスマートフォンなどを使用するときにはこのムートンのボリュームは使いにくくなってしまうので、指先が使えるのはありがたいですよね♪

 

帽子

グレーのニット帽をかぶった女性出典: ZOZOTOWN

防寒対策といえばニット帽が定番かと思いますが、キャップやベレー帽などほかの帽子でも寒さ対策に使うことができます。ですが、やはり素材と耳まで収めることができるデザインのニット帽が防寒性には優れそう。見た目と機能のバランスを考えて選ぶとよさそうです◎

 

レギンス・タイツ

グレーのリブタイツの画像出典: ZOZOTOWN

冬にスカートを履くときに欠かせないレギンスやタイツの存在。特に冬なら防寒機能をうたったアイテムが多く登場しているので注目です!ニットタイツならより暖かく過ごしやすいとのウワサもあるのでこちらもチェックですよ♪

 

黒のニットワンピにグレーのリブレギンスを履いた女性出典: WEAR

ニットワンピの下にレギンスを合わせるコーデです。ソックスをレイヤードさせてもOKなので、肌を出すなんて寒い!と感じる人は重ね履きテクを試してみてはいかがでしょう?ワンピースやスカートだけでなく、パンツの下に忍ばせて対策をするのもアリですよ◎

 

風の抜け道を減らすべし

寒さ対策で気にしたいのが、風の抜け道を作っていないかどうか。思いコートなしでも平気にするため、コート以外のアイテムでここを対策しましょう!裾がワイドなトップスは控えて、ワイドパンツはタイツやレギンスに重ねるのが鍵です。また、防寒重視でマフラーを巻くならぐるぐる巻きで風の通り道をなくすことがポイント!

 

タートルネック×マフラーが無敵です

グレーのタートルネックニットを着た女性出典: ZOZOTOWN

冬のあったかトップスといえばタートルネックニット。首までカバーしてくれるので寒い日に重宝するアイテムですが、より効果を発揮してもらうために、外出時はwithマフラーがマストです!

 

白のニットに赤チェックのストールを巻いた女性出典: ZOZOTOWN

タートルネックにマフラーをぐるぐる巻けば首回りの防寒は完璧。夏暑いときに首元を冷やして体温を下げるように、冬は逆に体温を温存するために首元を温めると冷えにくくなります。軽めのアウターでもこれを押さえておけば防寒対策しやすいので覚えておくといいかも!

 

NOT重いコート、着るならこれ

白のニット、黒のスキニーパンツに黒のライダースジャケットを着た女性出典: WEAR

ライダースは風を通さないおすすめアウターです。寒い冬には保温性に優れた肌着、厚手ニットの上に着るのがマスト!またどうしても首回りはカバーできないのでマフラーやストールは欠かせません!スキニーパンツは風を通すことはなくとも外気を感じやすいので、気にならなければタイツを忍ばせて。

 

グレーのワイドパンツにベージュのトレンチコートを着た女性出典: WEAR

冬でもトレンチを着こなすなら上でお伝えしたポイントを全てクリアすれば安心です。ゆとりのあるデザインなら中にしっかり着込めるので、そこも気にしてみてはいかがでしょう?

 

軽アウターを重ねるべし

重いコートを着るくらいなら軽アウターを重ね着したほうが重さは軽減されるかも?イマドキな着こなしも長年使える着こなしもチェックしておきましょう!

 

ファー×レザーで暖かく

黒のトップス、ブラウンのパンツにライダースジャケットとエコファーコートを着た女性出典: WEAR

リアルファーなら保温性はかなり優れているけど、トレンドライクなエコファーはどうしても風が通りやすいデメリットがあります。それをカバーするのがレザージャケット!最近では軽量なファーコートも多いのでそれを選んで重ねれば、おしゃれかつ快適に防寒対策ができます!

 

もはや定番なインナーダウン

ボーダートップス、黒のパンツに赤のインナーダウンと黒のコートを着た女性出典: ZOZOTOWN

ダウンコートは昔からある冬の定番アウターですが、このダウンは薄手でもかなり暖かい優秀素材。コートのインナーに着るためにデザインされたインナーダウンは1枚で着るのはもちろん、コートの中に着ても軽量なので重さやかさばりを気にせず重ね着ができるんです!ぜひ軽アウターに合わせて効果を実感してみてください♪

 

グレーのニットワンピに黒のインナーダウンを着た女性出典: ZOZOTOWN

暖かい冬の日や秋・春先の風が冷たい日は1枚で着こなしてもOK。シンプルなデザインのインナーダウンは流行を気にせず使えるので、用意しておくと冬に重宝する必須アイテム!

この記事もチェック

 

軽くて暖かいアウターを選ぶべし

重いコートは大変、とはいえ寒がりで軽アウターだとちょっと不安…なんて人には軽くて暖かいコートがおすすめです。

 

MA-1

ベージュのニット、デニムパンツに黒のMA-1を着た女性出典: ZOZOTOWN

薄手のMA-1もありますが、冬な防寒機能に優れたMA-1を用意すれば、着回し力にも優れているので便利です。ゆったりデザインなら中に着込むことも可能だし、なにより軽く羽織れるのでアウターの重さで不快になることは避けられそう。

 

軽いウールコート

ブルーのニット、黒のテーパードパンツにグレーのコートを着た女性出典: ZOZOTOWN

コートのデメリットである重さを解消するべく、今では軽さを特徴としたウールコートが登場しています。軽くて暖かいを叶えたウールコートはまさに無敵。ただお店での試着だけでは防寒については判断しにくいのが難点ではあるので、なにはともあれ防寒ポイントは押さえておくのが無難です!

この記事もチェック

 

重いコートは今年の冬で卒業

スウェット黒スキニーにグレーアウターを着た女性出典: ZOZOTOWN

ここで紹介した防寒対策ポイントはどれもすぐに実行できることばかり。長年の悩みだったコートの重さから解放されたら、今年の冬はいつもの倍楽しむことができるかも…♪

[記事公開日]2017.12.26 [最終更新日]2018.1.01