日本茶の魅力に気づける♡中野にある「オオハシ」は日本茶専門店なのにかわいいづくし!

普段、日本茶飲んでますか?自分用に、または誰かへのプレゼント用に…心温まるお茶を贈るのはいかがでしょう。若い女性でも購入しやすいようにと、"かわいい"で埋め尽くされた日本茶専門店が中野にあります。そんな「OHASHI」に魅了された人たちがたくさんいたんです♡

見た目とのギャップ大!洋風なのに日本茶専門店?

中野駅から歩いて徒歩2分ほど、中野通りに面してお店を構える「OHASHI(オオハシ)」。一見、おしゃれな雑貨屋さんに見える外観ですが、ちょっと違和感を感じる看板…そう、実はここ日本茶の専門店なんです!

なんと350年前に日本橋にお店を構え、戦後の約70年前に中野のこの場所にお店を構えた大橋。お茶屋さんに商品を卸す方がメインでしたが、お茶屋さんの減少や、年配の方に偏っている需要を懸念し、若い人たちがもっと日本茶を飲みやすいように、と今のおしゃれなスタイルになったのが約10年前なんだそう。

昔の写真と比べてみると一目瞭然ですね!

 

お茶好きでも初心者でもお茶を楽しめるお店♡

日常の中でよくお茶を飲む人も、全く知識がない人でも、必ず行けば満足して帰れるのが魅力のオオハシ。特に寒くなる時期は、自分用でもギフトでも需要が大きく、平日なのにひっきりなしにお客様が訪れていました。

 

居るだけで癒される店内

ヨーロッパのお店を連想させるようなおしゃれな店内は、どこをみてもセンスの塊!女性の心が踊るような”かわいさ”とアンティーク調家具の”懐かしさ”があるんです。

(写真手前)昔ながらの日本茶、海苔なども販売

店内のディスプレイや、お茶のパッケージをプロデュースしているのは店長の奥様で、カメラマンとしても活躍中なんだそう!自分の中の、かわいいものへのイメージを高いクオリティで実現できるのは、さすがでもあり納得でもあります!

 

丁寧に教えてくれるので安心

動物好きな人にはパッケージで選ぶのもおすすめ! 

お店の中のお茶の種類はかなり豊富で、お茶に全く知識のない人でも、その人にあったお茶を勧めてくれます。対面を大切にしているスタッフさんたちは、みんながニコニコと楽しそうに働いていて、常連さんには声をかけ、何度も足を運びたくなる魅力がありました。

この記事もチェック

 

クオリティに対するこだわりが並じゃない!

オオハシの魅力はたくさんありますが、一番はその愛情!お茶への愛、お客様への愛をすごく感じるポイントがたくさんあったので、少し紹介します♡

 

厳選茶葉のオリジナルブレンド

今でも卸しを並行してやられているオオハシの茶葉は、厳選された茶葉選びをし、時には直接茶畑や工場に足を運ぶという徹底ぶり。やはりティーバッグが主流なんだそうですが、急須に入れて飲むお茶にも魅力を感じれるよう、100gパックでの茶葉も販売。パッケージにもOHASHIと書いてあり、飾りたくなるような色合いにもこだわりが。

茶葉はお店の地下工房にて、自らブレンドしているんです!季節によって微妙に変化する茶葉の質などを加味して、長年愛用してくれているお客様の為に、変わらない味を保つよう心がけています。ベーシックな緑茶やほうじ茶だけでなく、いちご緑茶やミントグリーンティー、小みかん緑茶などの変わり種も用意。

くず湯も人気のあるシリーズ。試飲した木苺の葛湯がおいしくて思わず購入してしまいました!女性に人気の柚子葛湯や、新ブレンドされたばかりの黒ごまきなこ葛湯は、スイーツのように食べられるのでイチオシですよ♪

 

パッケージは全て手作業!

いちご緑茶+柚子ほうじ茶+OHASHI紅茶 700円(税込)

私がとにかく驚きだったのが、店内のディスプレイだけでなく、商品のパッケージやシールのデザイン、貼る工程などを店内で、スタッフさんたちがやっているということ。

(上段)くず湯BOXセット 1,100円 / (下段)2種茶葉+お茶チョコ セット 1,260円(全て税込)

むしろ、パッケージのデザインを見て、海外逆輸入店なのかなくらいに思っていた私には衝撃。この下段のボックスの装飾のボタンはアンティークのもので、海外に奥様が買い付けに行くそうですが、お値段が貼るものもあり、全くコスパもよくないそう(笑)。

 

いつまでも使えるボックスが嬉しい

BOXセットはTB7種(1,470円)〜16種類のTB&4種類の葛湯(4,200円)まで8種類で用意

買い揃えたくなるほどかわいい花柄のボックスや、ラッピングで使用する包装紙の花柄も特注のもの。箱の注文を工場に頼む際にもあるこだわりが。

SPECIAL BOX 3,150円(税込)

それは、箱の中もフタも花柄になっていること!スタッフさんたちは常に、自分がもらったら嬉しいものを考えて、それが大変なことだとしても徹底しているんです♡茶葉だけでなく、茶器や茶葉を含んだチョコレート、季節ごとに変わる小物も置いているので、プレゼントのネタに困ることもありません。

この記事もチェック

 

日本茶の魅力を再確認!

こんなにかわいいなら、もっと店舗を増やせば絶対有名になるのに…!と安易な考えの私はそう思ったのですが、一つ一つ丁寧に作るこの日本茶が、せわしなく流れる毎日の中で、とっても魅力的だと思いました。そして、おしゃれな飲み物=日本茶と思わせてくれる、日本茶の魅力を再確認できました!

 

Information

OHASHI(オオハシ)
〒164-0001 東京都中野区中野3-34-31 大橋ビル 1F  MAP
10:30~19:00
日曜定休(年末年始は変更の場合あり)
03-3381-5320
http://ohashi-cha.blogspot.jp/

 

[記事公開日]2017.12.25 [最終更新日]2017.12.29