日本茶の魅力を再発見!現代のおしゃれすぎる日本茶スタンドカフェ「八屋」

「日本初上陸」を掲げるカフェが溢れている今、ひときわ目を引く「和」を強調した日本茶スタンドカフェ。日本の伝統を引き継ぎつつ、現代の要素がふんだんに取り入れられたカフェはとにかくおしゃれ!ここに行くと日本の魅力を改めて自慢したくなるはず。

これまでにはない!日本茶の新しい楽しみ方

2017年12月に千駄ヶ谷と代官山に2店舗オープンした「八屋(はちや)」。今回は千駄ヶ谷店に伺いました。

現代における日本茶の新しい楽しみ方を提案するというコンセプトから生まれたこちらのお店は、「抹茶を点てるように作るお茶のラテ」や「フルーツ入り煎茶ソーダ」というメニューが並び、コーヒースタンドとはまったく違う、まさに日本茶スタンドカフェなのです!

煎茶ラテ Sサイズ450円・Mサイズ550円(税込)

今回は、まず目についた「煎茶ラテ」をオーダー。今までカフェに行って煎茶ラテというメニューは見たことがなかった!蓋を開けた瞬間に煎茶の香りがふわっと漂います。和三盆を使ってほんのり甘みがついているので、ほろ苦さと甘みが相まってとても優しい味に仕上がっています。

和三盆は、店頭にも置いてあるのでお好みで調整することもできます。通常の砂糖よりも粒子が細かく、まろやかな甘さときめ細かい口どけが特徴。このような食材のチョイスにもお店のこだわりを感じます。

カネ十特選煎茶 Sサイズのみ 450円(税込)

お店のメニューはラテだけではありません。本格的な日本茶も楽しむことができます。今回いただいたのは「カネ十特選煎茶」。静岡県牧之原市の深蒸し煎茶と呼ばれるこちらのお茶、懐かしさを感じると共に、最近では日本茶を飲む機会も減っていたので、今飲むとこれが新感覚なのです!自宅でもコーヒーや紅茶を簡単に飲むことができてしまう時代に、日本茶って味わい深い飲み物だと改めて感じました。

果実炭酸冷茶 Lサイズのみ 700円(税込)

こちらのお店で、もうひとつ飲むべきメニューが「フルーツ入り煎茶ソーダ」。カネ十煎茶に炭酸ガスを注入して作る煎茶ソーダに、季節のフルーツと煎茶ジュレが入ったスイーツ感覚で楽しめるお茶なんです♪炭酸のお茶…こちらのメニューも初めて見ました!季節のフルーツは、現在はブドウ2種、レモン、ザクロを使用しているそう。季節によってフルーツは変わるので、訪れる度に楽しみですね♪

ストレートのお茶、ラテ、ソーダの他にお茶で作るスムージーもあります。どれを頼んでも、「新感覚」を実感できるドリンクばかりですよ♪

この記事もチェック

 

改めて実感する「和」の魅力

オーダーしてからカウンターを覗いていたら、気になるアイテムがたくさん並んでいました。お茶を淹れる時には、茶葉本来の旨味を堪能するための急須を使用。また、ラテを作る時は抹茶を点てるように茶筅(ちゃせん)と呼ばれる竹製の道具を使用するのだとか。改めて、日本の伝統の道具を見ると見た目も美しく機能性も優れたものばかり。こういうストーリーを知るのも楽しいですよね。

オーダーが入ったら、カウンターの中で一杯ずつ手作りしてくれます♪

店内に飾られた器もどれも美しいものばかり。デザイナーさんが、全国からセレクトして来ているそうです。ドリンクを待っている間にぜひ楽しんでみてください。

 

絶対食べたい!進化した和スイーツ

あんみつ 480円(税込)

楽しみはドリンクだけではありません。ここへ来てぜひ食べて欲しいのが「あんみつ」。お好みで黒蜜をかけていただく、この和スイーツが絶品でした!

フルーツ、あんこ、求肥の下に入っているのが、水わらび餅。プレーンの透明のものと抹茶味の2種類が入っています。通常、あんみつには寒天が入っていることが多いですよね。八屋のあんみつには、寒天とわらび餅の間のような食感の水わらび餅というものが入っています♪これがまた新食感!スイーツ好きの人にこそ食べてもらいたいです♪

かりんとうも4種類販売されています。こんなおしゃれなパッケージなら、手土産にもいいですね。

この記事もチェック

 

おしゃれすぎる和柄の店内

店内を表すならまさに「和モダン」。千駄ヶ谷店の一番のフォトスポットはやっぱり波柄の壁紙。家紋風のロゴデザインの入ったカップも映えます。

また、麻の葉模様の組子の柱もフォトジェニック!組子は釘を一切使わないで木を組み付ける日本の伝統技術です。間近で見るほど美しさに圧巻です。

お店の目印は外にかかっているのれん。今回は開店と同時に伺いましたが、出勤途中の方がここでドリンクを買って出社していくのが印象的でした。

店内に飾られたお花のアレンジにも注目です。「和」のイメージでありながら、こんなにも華やかなお店ってなかなかないですよね。今では海外から上陸した華やかなお店がひっきりなしにオープンする時代。今回こちらのお店を訪れて、改めて日本の魅力を再発見したと同時に、日本が誇る食文化に興味が湧きました!最近コーヒーばっかり飲んでいるな…という人にこそぜひ訪れてもらいたいお店です♪

 

Information

八屋 千駄ヶ谷(はちや せんだがや)
〒150-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-8  MAP
9:00〜19:00
土曜・日曜・祝日定休
http://8ya.jp/
https://www.instagram.com/hachiya_teastand/

 

[記事公開日]2018.1.01 [最終更新日]2018.1.05