普通の使い方じゃNG。人気No.1【ハトムギ化粧水】の効果的な美容法

数ある化粧水を抑え、口コミ人気No.1を誇る「ハトムギ化粧水」。ですが実際に使った人の中には"あまり効果を感じられなかった"と言う声も…。本当のところどうなの?どんな使い方をすれば効果的?今回はそんな疑問に答えるべく、効果があるとされる活用法をまとめてみました♡

口コミ人気No.1【ハトムギ化粧水】とは?

ナチュリエのハトムギ化粧水は、人気×ユーザー数ともに圧倒的No.1。天然植物成分ハトムギエキス配合で無香料・無着色。肌にいいとされる、ビタミンB群・タンパク質・カルシウムも豊富に含まれているんですよ〜!@cosmeの化粧水ランキングでは堂々1位、ビューティー専門雑誌で特集が組まれたりと、とにかくアツイこの化粧水…。

ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー 500ml 570円(編集部調べ)

しかも1本570円というコスパのよさだから、購入する人が続出してるんだとか。「ニキビが治った!」「これなしじゃもう無理」なんて絶賛する声がある一方、「効果が実感できない」「カサつきが気になる」という声もあるようで…。これって一体どういうこと!?

 

ズバリ「効果が実感できない」という声がある理由はこれ!

それは今まで使っていた化粧水と同じ使い方をしているから!

というのも、ハトムギ化粧水は他の化粧水と比べて非常にさらっとしたテクスチャ。肌への密着性・浸透性も低い為、今までと同じ使い方だと栄養素が肌の奥まで行き届かない可能性が高いんです!じゃあ、どうすればいい?使い方に工夫は必要?口コミを参考に、効果的とされる使用方法をまとめてみました。

 

口コミで判明!効果を実感できるハトムギ化粧水の使用法

①ローションシートorコットンパックで浸透力をアップ!

ハトムギ化粧水はただ手にとってつけるだけではNG。ローションシートやコットンにたっぷり成分を含ませて、肌をパックしてあげるといいそう。使用する量は、普通の化粧水の1.5倍〜2倍くらいの量が◎私はしっとりめの仕上がりが好きなので、8〜9滴ほど使用しましたよ。

 

パックの方法

ローションシート・もしくはコットンでパックをし5分ほど時間を置いたら、手の平を使って優しくパッティングしていきます。手の平に肌が吸い付くように、ゆっくり時間をかけてやってあげると◎こうすることで、化粧水を角質層までしっかりと届けることができ、効果も実感できるそう♡

 

②保湿効果大!ニベア青缶と一緒に使う

もっと保湿効果を高めたい!効果を実感したい!という人は、ニベア青缶を合わせて使うと◎

パックした肌にニベア青缶を重ねてあげるだけでOK。ハトムギの栄養素や水分を内に閉じ込めておくことができ、保湿効果もアップ!実際にやってみましたが、時間が経っても肌は潤ったままでしたよ♡

 

ハトムギ化粧水は肌質・年齢問わず使用することができ、さらっとしすぎずもっちりしすぎない”程よい”仕上がりが◎無香料なのでたっぷりつけても不快感なく、肌に対して悪い影響が一切ないんです!私は初めて使いましたが、使用感がすごく気に入りました。

この記事もチェック

 

ハトムギユーザーに聞いた!「私、こんなことにも使ってます。」

ハトムギ化粧水の活用法をまとめてみました。顔のスキンケア以外の場面でも、こんなに使えるんです!

 

「私、体の保湿にバシャバシャ使ってます」

1本500mlという大容量を活かして、体の保湿に使っている人も多いそう。確かに普通の化粧水を体に使うのってためらっちゃいますよね?でもハトムギ化粧水であれば、1ヶ月で使い切ってしまったとしても570円。クリームやオイルと違いベタつきも少ないので、季節を問わず1年中使いやすいんです♡

 

「私、お風呂から上がった瞬間吹きかけます」

ダイソーや無印良品で販売しているスプレーボトルに詰め替えて、お風呂から上がった直後に全身に吹きかけてます!という人もいました。確かにお風呂上がりって肌が乾燥しがち。上がってすぐしっかりとケアするのは難しいけど、スプレーを吹きかけるくらいであれば簡単にできそうですよね。この行程を挟む・挟まないでは、その後の肌の状態が全然違うみたいですよ♡

 

「私、プレ化粧水として使ってます」

化粧水前のプレ化粧水として使用している人も多いみたい♡ハトムギ化粧水をたっぷりと含ませたコットンで顔全体を拭き取り、その上から愛用の化粧水を重ねることで、肌への浸透性をより高めることができるそう。年を重ねるにつれ、”ハトムギ+肌の悩みに合わせた化粧水”を合わせて使っている人が多い印象でしたよ。

 

だからみんな持ってる!ハトムギ化粧水はやっぱりすごい

ハトムギ化粧水のすごいところは、何と言ってもそのリピーターの多さ!中には10年以上愛用している人もいたり、年齢問わずどんな肌とも喧嘩しない化粧水なんだなと改めて思いました。人気の理由も納得!気になっていた人は、ぜひ自分の肌でその実力を実感してみてくださいね。

この記事もチェック

[記事公開日]2018.1.24 [最終更新日]2018.2.02