保冷剤は捨てないで!アロマ芳香剤にリメイクすればおしゃれに蘇る

要冷蔵の食べ物を買うと付いてくる保冷剤。いつか使うかもとストックしているうちに、気付いたら冷凍庫にたくさん眠っている…なんてことも。その余った保冷剤、芳香剤にDIYして有効活用してみませんか?とても簡単なうえに見た目もかわいいので、置いておくだけでも絵になりますよ。

その保冷剤…溜まっていく一方なら芳香剤にDIY♡

ケーキや痛みやすい食べ物を買うと付けてくれる保冷剤。手作りのお弁当や火傷したとき用としてたくさんストックしていても、使うのは1つか2つ…いつか使うかもと冷凍庫にいっぱいあるなら、DIYでかわいい芳香剤にしてみるなんてどうですか?

 

保冷剤DIYに使うもの

保冷剤DIYをする際にこだわりたいのはこの3つ。ジェルを均等にしたり混ぜる際にマドラーや割り箸を使いますが、混ぜられればなんでもOKです。

 

①ジェル状の保冷剤

ジェル保冷剤のみ

保冷剤は常温に戻したジェル状のものを使います。ジェル限定なのは、ジェル表面の凹凸が匂いをキャッチして消臭してくれるからなんです。

 

②口が広めの容器

口が広めの容器3つ

容器は細長い瓶タイプでも大丈夫ですが、口が広めのものをチョイスすると香りが広がりやすいです。紙の容器は染みてしまうのでガラスやプラスチックの容器を選んでくださいね。マグカップでもかわいいですよ。

 

③アロマオイル

アロマオイル2本

最後に、好きな香りのアロマオイルを用意しましょう。プチプラのアロマオイルでもしっかり香りますよ♪香りによって効能が様々なので、そこも考慮するとリラックス効果を最大限に発揮してくれそう。

 

作り方はたったの3STEP

作り方はとても簡単で、保冷剤を容器に入れてアロマオイルを垂らすだけ!

 

①まずは保冷剤を容器に入れる

保冷剤を容器に入れる

保冷剤の口を切って容器に出します。光に当たると気泡がキラキラしてキレイでこれだけでも絵になりそう♪

 

②アロマオイル入れる

アロマオイルを垂らす

容器に入れた保冷剤の上にアロマオイルを数滴垂らしてください。今回は6滴垂らしています。アロマオイル自体に色が付いているものはそれだけで鮮やかな色合いに。市販の芳香剤では匂いが強すぎる人は香りの調整ができるのも嬉しいですよね。10日くらいは香りが続きますよ。

 

③混ぜたら完成

クリア芳香剤完成形

アロマオイルを加えたらマドラー(スプーン)で混ぜたら完成です。色が付いていなくて寂しく感じたので、アロマオイルと同じ香りのドライフラワーを散らしてみました。しばらくして保冷剤の水分が蒸発してカラカラになってきたら、水を垂らすとまたジェル状に戻るので繰り返し使えますよ♡その時は再度アロマオイルを加えてくださいね。

 

おしゃれなアレンジレシピ

無色透明だと少し寂しいので、色を着けたりビーズや貝殻を入れたりしてオリジナル感を出すとインテリアとしてもおしゃれですよ。季節に合わせて装飾を変えるとディスプレイとしても使えそう♡

 

絵の具や水性ペンで色付け

絵の具や水性ペンで自分好みに色を着けると見た目もかわいい芳香剤に。淡いカラーが好みなら、水性ペンがおすすめ。色合いを調整しながら水に水性ペンを溶かすか、容器の底に水性ペンで色を着けておいて保冷剤を流し込んだ際に混ぜるやり方だとスムーズにできます。

 

グラデーションでワンランクアップ

ペン3本

色を複数使えばグラデーションカラーも簡単!今回はこの3色でグラデーションを作りました。濃いカラーが一番下にくる様にするのがキレイなグラデーションを作るコツ。

保冷剤グラデーション

暖色を使うとトロピカルな色合いに♡ブルー系を使って海をイメージしたり、冬には赤やグリーンを入れてクリスマス感を出してもいいですね。

 

布でカバーをすれば埃を被らない

ジェル状なので埃や虫が入ってしまうことも…せっかくの芳香剤が汚れてしまったらショックですよね。オーガンジーやレースなど薄めで通気性のいいもの被せるとしっかり香りもしつつ埃などが入りにくいですよ。

 

これからは冷凍庫で眠らせないで香らせて

冷凍庫で眠らせていても増えて行く一方の保冷剤、だったらかわいくDIYしてみて。保冷剤と容器さえあれば消臭剤としての役割もキッチリしてくれますよ。使い終わったクリームやジャムの瓶などかわいくて捨てられない瓶があるなら、活用するチャンスですよ。

[記事公開日]2018.3.07 [最終更新日]2018.3.09