オンリーワンのインテリア♡流行りの《ハーバリウム》は手作りしよう

透き通った水の中で植物が泳いでいるかのような"ハーバリウム"。最近人気が出てきていますが、簡単に手作りできるんです。好きなお花を詰め込んで、オンリーワンのインテリアにしませんか?生花よりも長く楽しめるハーバリウムのある暮らしって、なんだか素敵かも♡

流行りのハーバリウムは手作りしちゃおう♡

ハーバリウム4本

今流行のハーバリウム。買うと高いものも多いですが、手作りならかなり簡単に作れるうえ安く抑えられてコスパも◎好きなお花を使って、オリジナリティーを出してみませんか?新しいインテリアとしてお部屋にハーバリウムを飾ってみましょう♪

 

ハーバリウムって?

ハーバリウム3本

ハーバリウムとは本来”植物標本”のこと。ドライフラワーを使っているので生のお花よりも長く楽しめるんです♪最近ではいろいろなボトルに入れて、お花の新しい観賞の形として定着していますよ。造花を使っているハーバリウムもあるので多種多様な表情が楽しめますね。

 

材料は3つだけ!

・ドライフラワー(造花でもOK)
・洗濯のり
・密封できるボトル

用意するものはこの3つ。長いお花の場合はカットするためのハサミも必要です。

材料

洗濯のりとボトルは安いものでもOK。ドライフラワー専用のオイルやベビーオイルを使う人もいますが、どちらも少し値段が高いので洗濯のりが一番安くおさまりますよ。ボトルは縦長かつ口が広いものがおすすめ。中にお花を入れるときスムーズになります。

ドライフラワー

材料の中で最もこだわりたいのが「お花」です。ボトルの中に入れたものがそのままインテリアになるので、安っぽく見えないものを選んで。造花でもプラスチック感の少ないものをチョイスすればドライフラワーと大差ないかも♪大きいお花より小さいものの方がハーバリウムには適していますよ。

 

5分で完成する作り方

作り方は3ステップでとても簡単。ひとつ作るのに5分もかかりませんでした!

 

①お花をカット

花切る

まずは使うボトルの長さに合わせてお花をカット。短めにカットした方が仕上がりがキレイになりますよ。何本か入れるなら一本ずつ長さを変えるのもアリ。

 

②ボトルに入れる

次に、カットしたものをボトルに入れていきます。何種類か入れるのであれば大きいものから入れていくといいですよ。ボトルに入れたとき、入れ口付近はお花とボトルの間に少し余裕があるくらいがベスト。

 

③洗濯のりを入れる

洗濯のり入れる

最後に洗濯のりを入れていきます。お花にかからないように隙間に流し込んでいくと細いお花にも傷がつかないですよ。ギリギリまで入れると蓋を閉めたとき溢れることがあるので入れすぎ注意です。

 

完成

完成形

蓋をしたら完成です♡下の方まで葉っぱが付いているものだとお花ばかりに目が行かずに全体感を楽しめますね。

 

ハーバリウム4本

他のお花でも作ってみました。いろいろなカラーのハーバリウムを並べるとインテリアらしくなりますよね♪お花だけではなく茎や葉っぱも使うといい味が出ますよ。自分用にはもちろん、プレゼントしても喜ばれそう。

 

ボトルの種類を変えてアレンジ♪

流行の電球ボトルもハーバリウムにしてみました。使ったのはドライオレンジとグリーンとかすみ草。シンプルな色合いでもボトル次第でかなり印象が変わります!密封できればいいので、ジャム瓶などでもできますよ。

 

ハーバリウムのある暮らしって素敵かも

ハーバリウム2本

お気に入りのお花を見つけて、ずっと見ていられるハーバリウムにしてみませんか?生花を飾っている人も素敵だけど、ハーバリウムをインテリアにするのもいいかも♪お部屋に合った色のハーバリウムを手作りしてみては。

[記事公開日]2018.4.16 [最終更新日]2018.4.25