去年のは使っていい?SPFってそもそも何?日焼け止めの疑問を解決!

紫外線の気になる季節が到来!暑〜い夏を迎える前に、日焼けに関する疑問をスッキリ解消しちゃいましょう!ここでは、「そもそもSPF・PAって何?」や「体用の日焼け止めを顔に使っても大丈夫?」など、日焼け止めの「これってどうなの?」を解決。皮膚科の先生にお話を伺ってきました。

日焼け止めの「これってどうなの?」を解決します!

紫外線の気になる季節が到来!本格的な夏を迎える前に、日焼けに関する「これってどうなの?」を1つずつ解消していきますよ!

ここでは、夏の必需品「日焼け止め」についてご紹介。「そもそもSPF・PAって何ですか?」「流行りのスプレータイプって正直どうなの?」など、気になる疑問を皮膚科の先生に聞いてきました!

 

 

 

Q.そもそも、SPF・PAって何ですか?

《SPF=シミ・たるみを作る日焼け PA=シワ・たるみを起こす日焼け》の防止効果を示す数値

地上に届く紫外線には、A波(UVA)とB波(UVB)があり、美肌を維持する為にはこの両方を防ぐことが大切です!SPFとは、肌表面の赤みやシミ、そばかすの原因になる紫外線B波を防止する効果を示す数値。数値が多いほど防止効果が高く、最大はSPF50+。

PAとは、シワやたるみなどの原因になる紫外線A波を防止する効果を示す数値で、PA++++が最大。雲や窓ガラス、カーテンをも突き抜けるので、曇りの日や屋内でも対策が必要です!

 

 

 

Q.ズバリ!数値が高い方がいい?

もちろん高い方が日焼けしにくい。ただ、肌に負担がかからないかが重要!

もちろん数値が高い方が紫外線はカットできますが…肌に負担をかけないことも重要です!保湿力があるものやスキンケア効果が高いものなど、数値以外のポイントにも注目することが大切。肌質や環境に合わせて、日焼け止めを選んでみて。

 

 

 

Q.去年使った日焼け止め。残りは今年使ってもOK?

開封したら、2〜3ヶ月以内で使い切るのがベスト!

酸化すると多少なりとも劣化はするので、開封したら2〜3ヶ月以内で使い切るのがベストです!もったいないと思わず”使い切るつもり”で、たっぷり塗るようにしましょう。開封していない日焼け止めの場合は、購入から時間が経っていても使用期限内であればOKです。

 

 

 

Q.体用の日焼け止め。顔に使っても大丈夫?

使っても問題ないが、目の周りなどは顔用を使用するのがベター

使っても問題ないですが、一般的に”顔用”の日焼け止めは優しい成分で作られているものが多いです。目の周りなど皮膚が薄く乾燥しやすい場所は、顔用を使用するのがベター。

 

 

 

Q.重ね塗りでUVカット効果は上がる?

UVカット効果も崩れにくさも上がります!

顔の場合は単品でカバーするより、乳液やファンデーション、パウダーなど別タイプを重ねた方が崩れにくさがアップします。重ね塗りすることで、塗りムラもなくなるとか。身体は一般的に、単品で重ね塗りしている人が多いです。

 

 

 

Q.流行りのスプレータイプって正直どうなの?

表記の数値の効果はあるが、ムラができやすいので塗り方に工夫が必要

もちろん表記の数値の効果はあります!ただ、ムラができやすいので、塗った後に手のひらでおさえるなど塗り方に工夫は必要です。顔に使用する場合は粉を吸い込みやすいので、直接噴射するのではなく、一度手に出してからおさえるように馴染ませましょう。そうすることで肌との密着度も上がりますよ。

 

 

 

日焼け止めって思っている以上に奥が深い!

日焼け止め選びに妥協はNG。肌質やオフィスの環境に合わせて、自分にぴったりの日焼け止めを使うようにしましょうね。早めの紫外線対策で、夏も白肌を維持しましょう♡

 

 

監修

渋谷皮フ科医院 仁藤院長先生
1991年 東京女子医科大学卒業。筑波大学付属病院、国立水戸病院などで勤務後、都内大手美容外科にて研鑽を積む。
2010年6月 渋谷皮フ科医院院長就任。女性ならではの繊細な施術が人気を得ている。

[記事公開日]2018.6.01 [最終更新日]2018.6.05